ほっとひといきblog

時に商品の話題から離れて

日本語の美しさに心を惹かれている社員のひとりが

このblogの合間を埋めたいと思います

 

今日は、何度読み返しても心に染みる詩をお届けいたします。

 

秋がくると 何か借りているような

何か誰かに返すものがあるような そんな気持ちに襲われます。

私が誰かから 借りている何かのおかげで

ここに生きている その何かを誰かに返そうとする気持ち

秋の夜 そんな気持ちのある自分に とてもなぐさめられます。

私が貸せるものを それが借りたい人に貸してあげよう

今まで私が借りてきたように

                       永六輔 詩

img_0973-1