未読日記 19日目「古今和歌集 新古今和歌集」

8月8日

「古今和歌集 新古今和歌集」

最初の勅撰和歌集は905年、醍醐天皇の勅命で紀貫之などが撰者として「古今和歌集」を。
その300年後に八番目の勅撰和歌集として、藤原定家らが「新古今和歌集」を完成させました。

国語の授業でそれを習う頃は、いつ誰が何をしたということが大切で、精撰された歌の数々(古今和歌集1111首、新古今和歌集1978首)に心を馳せることなどありませんでした。

この本は、その中の代表的な歌をわかりやすい解説付きでまとめたものです。
最初から丹念に読まずとも、ふと開いたページにある歌を出会ったが如く愉しめます。

 

時は秋、それでは秋の歌を2首

 秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる   藤原敏行

 心なき身にもあはれは知られけり鴫立つ沢の秋の夕暮れ     西行法師

 

今日も福岡は36℃。今年ほど本格的な秋が待たれることはありません。
「秋よ来い!早く来い!」