未読日記 27日目 「わかりあえないことから」

8月16日

お盆明け、虎変堂は本日より業務開始いたしました。

思いつくままに今日まで日を重ね、夏休みの最終日まで2週間あまりになりました。
今日から数日は、日頃からどうすればより良くできるようになるだろうかと考えている
「伝え方」や「コミュニケーション」について書かれているものを並べたいと思います。

これらは、本を読んだからと言って一足飛びに上手になるものではありません。
わかってはいるのです・・・
それでも、もっと上手くなりたい!より通じ合いたい!本当の気持ちをわかってほしい!という果てなき望みは募るばかり。
その思いが、度々同じテーマの本に手を伸ばさせてしまうようです。

 

それでは27日目

「わかりあえないことから」 平田 オリザ    ”コミュニケーション能力とは何か”

日本経団連の調査で、企業の人事担当者が新卒採用にあたってもっとも重視した能力とは「コミュニケーション能力」が9年連続でトップなのだとか。

しかし、このコミュニケーション能力とは一体何なのだろう?
そして、この重要とされる能力を高める学びは行われているのか?

価値観もライフスタイルも多様化した今、“わかりあえない”ことからはじめても良いのではないかと提起されたこの本は、いわゆるハウツー本とは異なり、時としてあやふやな「コミュニケーション」について考えるはじまりになるように思います。

「みんな違って たいへんだ!」(文中より)