未読日記 39日目 「風の歌を聴け」

8月28日

「風の歌を聴け」  村上 春樹

 

村上春樹の小説があって、同じ時代に生きていて、新鮮生(初版)で読むことができて
本当に幸せだなぁと思うのです。

1979年 このデビュー作「風の歌を聴け」が出版されたのは、高校生になるかならないかの頃。

1987年 あの「ノルウェーの森」を読んだ20代はじめ。

そして、1Q84に続く今まで、彼の作品はいつも身近にあり

その時の自分がどんな服を着ていたかも思い出せるくらい、私の中に大きな存在感を残しています。

 

学生時代に読んだときには

”柔らかい心の芽”を1枚剥がすような 少しチクッとするような そんな感覚を覚えました。

 

共に歩んだ本があるというのは、やっぱり幸せなことだなぁと思うのです。