未読日記 40日目 「坂の上の雲」「功名が辻」「翔ぶが如く」

8月29日

最後の2日間は、もし今 20代の自分と本屋さんですれ違ったら

「つまらない本ばかり読んでないで、これにしなさい!」と言って

押しつけようと決めている本を選びました。

 

「坂の上の雲」  司馬 遼太郎

 ファンの多い司馬遼太郎の本の中でも人気を二分するのが

「竜馬がゆく」と この「坂の上の雲」ではないでしょうか。

 

敢えて言葉にするのもなんですが、本当に素晴らしい本だと思いました。

20代の頃は歴史小説に手を伸ばすことなく、ビジネス書や流行りの小説ばかり。
「後悔先に立たず」 読書については、まさにこの言葉があてはまります。

もっと早くから読んでいたらどんなに良かったことか!

時計が戻せないのであれば、この記憶を残して、来世生まれ変わりたいとおもうばかりです。